MENU

超強力!精力剤に含まれるヨヒンビンの副作用と注意点まとめ

ヨヒンビン,効果,副作用,注意

ヨヒンビンという成分はかなり強い

ヨヒンビンとは西アフリカ地方のアカネ科の植物に含まれる成分となっています。葉や樹皮中に含まれるアルカロイドが起源なのですが、原産国である西アフリカではヨヒンビンに性欲を高める効果があるとして媚薬として使われています

 

日本ではヨヒンビンは医薬品成分として指定されており、医薬品以外のサプリメントなどには配合されていません。この成分を摂取したいという場合、医薬品を利用することになるでしょう。

 

ヨヒンビンは日本では劇薬に指定されており、購入するためにはドクターや薬剤師による指導を受ける必要があるのです。勃起改善などの効果があると言われていますが、医薬品扱いされている成分なので効果が高いとされています。

 

現地住民は樹皮を乾燥させてお茶として飲むことにより、その効能を得ているということです。この成分は効果も高いのですが、副作用のリスクもあるので日本では劇薬に指定されています。

 

しかし、海外では医薬品として扱われていませんし、サプリメントとして手軽に購入できるようになっています。海外の商品を個人輸入代行サイトで購入した場合、健康に悪影響を及ぼすこともあるので気を付けましょう

 

ヨヒンビンには交感神経α2受容体を遮断するという作用があるのですが、交感神経は勃起を妨げる働きがあるため、その働きを遮断することによって血管が拡張して勃起しやすくなるということです。

 

勃起は副交感神経が優位になった時に起こることになります。しかし、交感神経が優位になっていると生命活動に危険が迫っている状態と言えますし、強い集中力が必要になるので勃起しにくくなるということです。

 

勃起はもともと安全な状態の時に起こる生理現象であり、心をリラックスさせてくれる副交感神経が優位な時に起こるのです。交感神経は血管を収縮させることになりますが、副交感神経は血管を拡張させるという作用があります。

 

ヨヒンビンには交感神経α2受容体を遮断する働きがあるため、血管が拡張しやすくなりますし、血液がスムーズに海綿体へ流れ込むようになります。結果として勃起力を改善することができるでしょう。

 

また、ヨヒンビンは心因性EDを改善する効果もあると言われています。精神的なストレスやプレッシャーを受けていると交感神経が優位になりやすく、血管が収縮するので勃起しにくい状態になるということです。

 

しかし、この成分には交感神経が抑えるという働きがありますし、心因性EDの改善にも役立つことが分かっています。この成分は西アフリカの原住民の間では媚薬効果があるものとして重宝されており、精神的にリラックスして興奮しやすい状態に導いてくれるということです。

 

高い効果を期待できる成分なのですが、劇薬に指定されている成分なので使い方をきちんと守ることが大切です。使い方を間違えると命に関わることもあります。

 

実際に大量摂取による死亡例もあるため、この成分を服用する時には細心の注意を払いましょう。また、ドクターや薬剤師の指導をきちんと守ることも大切です。

 

この成分の副作用としては、嘔吐や発疹、かぶれ、眩暈、発汗、動悸、鼻水、ほてりなどがあります。日本では医薬品成分なので医薬品として販売されていますが、海外の商品を個人輸入によって入手することもできます。

 

しかし、海外の商品は作用が非常に強いことが特徴であり、日本人の体質に合わないこともあるので気を付けましょう。この成分は昔から民間療法などでも使用されており、陰茎の血管拡張作用によって勃起を促すことができます。

 

また、この成分は性的興奮を増進させることもできるとされています。ちなみに、これは性欲が増えるという作用ではありませんし、興奮を抑える物質の働きをブロックしてくれるということです。

 

 

ヨヒンビンを摂取する時のポイント

精力アップのために精力剤を探してる人も多いでしょう。精力剤にはさまざまな成分が使われていますが、ヨヒンビンという成分について知りたいという人もいるでしょう。

 

これは西アフリカ原産の植物から抽出された成分であり、現地では古くから精力剤として使われてきた歴史もあります。ED改善に即効性と高い効果が認められているのはED治療薬であり、ED治療薬には勃起を妨げる酵素の働きを阻害する作用があると言われています。

 

結果としてEDを改善することに繋がるのです。ヨヒンビンにはその酵素の働きを阻害する作用があるわけではないのですが、同じように勃起を妨げる交感神経α2受容体の働きを阻害することができます。

 

また、脳内物質セロトニンへの拮抗作用などもありますし、うつ病などで薬を服用している人のEDにも有効とされています。

 

下半身に対する効能が得られる成分であり、興味を持っている場合は試してみると良いでしょう。ヨヒンビンは強力な作用を持っていることが特徴です。

 

日本では医薬品として扱われているのですが、海外ではサプリメントにも配合されています。海外の商品でも個人輸入を利用すれば手軽に手に入れることができます。

 

しかし、この成分は劇薬に指定されており、興味本位で使用すると危険なこともあります。ヨヒンビンを利用したいという場合、ドクターや薬剤師に相談して処方された医薬品を服用するようにしましょう。

 

ヨヒンビンには交感神経α2受容体を遮断する作用とセロトニンに対する拮抗作用があるということです。そのような作用があるため、勃起不全を改善できるという仕組みです。

 

交感神経の遮断作用とはどのようなものなのかということですが、勃起は自律神経の反射によって起こる現象であり、自由にコントロールできるものではありません。

 

ヨヒンビンは強力な作用を持っているため、性の悩みを解消するために使ってみたいという人も多いでしょう。しかし、作用の強い成分は副作用も起こりやすいとされています。

 

副作用のリスクを避けたいという場合、摂取量をきちんと守るようにしましょう。この成分の摂取量の目安は体重1kgあたり10~100μgと言われており、過剰摂取しないことが大切です。

 

過剰摂取してしまうと逆に射精を抑制するように働いてしまうため、正しい用法用量を守ることが重要です。ヨヒンビンは天然成分ですが、強力な精力アップ効果があります。劇薬に指定されているほど強力な成分であり、男性だけでなく女性にも良い作用をもたらしてくれます。

 

ヨヒンビンは勃起力を強力にサポートしてくれるということですが、ED治療薬よりも前から使われてきたことが知られています。また、緊張して勃起できなくなってしまった時などにも使うことができますし、男としての自信を取り戻すサポートをしてくれるでしょう。

 

男性の場合は血流を良くすることでペニスへの血液流入をサポートしてくれますし、勃起力がアップすると言われています。女性の場合は血行が良くなることで性器周辺の血管が拡張しますし、性器が充血することで分泌液が出やすくなります。

 

それによって性交渉の時に感じやすい状態になると言えるでしょう。この成分は低用量の使用が最も効果的とされており、多く摂取しても効果がアップするわけではありません。

 

副作用のリスクもありますし、体に危険が及ぶこともあるので過剰摂取には注意しましょう。また、飲んでみて体調が悪くなった場合や不安を感じた場合、ドクターに相談してから服用してみるのがおすすめです。

 

副作用としては神経興奮や震えなどといったものが挙げられます。このような症状が出てしまったらすぐに服用を中止しましょう。過剰摂取してしまうと命の危険に関わる症状を引き起こす可能性もあります。

 

重大な副作用として痙攣や呼吸困難、心肺停止などがあるので気を付けましょう。

 

安全な精力剤のバリテインはこちら