MENU

男性ホルモンを促進するバリテインは抜け毛の原因となるか

バリテイン,抜け毛,原因

バリテインという精力剤の効果とは

バリテインという精力剤を使ってみたいけれど、抜け毛が増えるのではないかと心配している人も多いでしょう。バリテインはアミノ酸やビタミン、ミネラルなどを含む動植物の粉末やエキスを数多く配合していることが特徴です。

 

そのため男性ホルモンの分泌量を高めてくれますし、精力アップやペニス増大などの効果も期待できるということです。 また、男性ホルモンが増えることで脂肪が減りやすくなりますし、血液の流れが改善されるでしょう。

 

血液の流れが良くなることで勃起力がアップしますし、栄養素や成長ホルモンが体の隅々まで届くようになります。結果としてペニス増大に繋がっていくということです。

 

体毛が濃い男性や性欲が強い男性は抜け毛が起こりやすいと考えている人もいるでしょう。しかし、髪の毛の悩みは男性ホルモンが多いから起こってしまうというわけではありません

 

男性ホルモンというのは20代中盤が最も多く分泌されている時期です。しかし、20代の男性は薄毛や抜け毛の人が少ないですし、男性ホルモンが直接髪の毛に悪影響を及ぼすわけではないことが分かるでしょう。

 

髪の毛の悩みは年齢を重ねるごとに多くなってしまいます。男性ホルモンが多いだけで髪の毛が抜けやすくなるわけではありませんし、抜け毛の主な原因は血液中に存在する酵素と言われています

 

この酵素が男性ホルモンの1つであるテストステロンをより強力な物質に変換してしまいます。この男性ホルモンの変化した物質が毛根に入り込むことにより、髪の毛の悩みが引き起こされるという仕組みです。

 

酵素は体内で分泌されるのですが、その分泌量は遺伝によって決まることが多いとされています。そのため薄毛や抜け毛が遺伝すると言われているのです。

 

髪の毛を抜けさせる原因となる酵素は前頭部と頭頂部の毛乳頭に多く存在しており、髪の毛が抜けてしまう人はこの酵素の分泌量が多すぎると考えられます。

 

そこで酵素の働きを抑えることが大切であり、それによって男性の薄毛や抜け毛の進行を止めることができるでしょう。ちなみに、この酵素の分泌量が多い人はヒゲや体毛が濃い人であり、ヒゲや体毛が濃い男性は薄毛の人が多いとされています。

 

この酵素は遺伝だけでなく、生活習慣やストレスなどが原因で分泌されやすくなってしまうこともあります。そこで頭皮環境を改善することが大切であり、脂っこいものをできるだけ避けることやストレスを溜めないようにすること、睡眠をしっかり取ること、アルコールを控えることなどがポイントです。

 

生活習慣を整えることで頭皮環境を良くすることができるでしょう。抜け毛の原因は男性ホルモンが増えたせいではありませんし、男性ホルモンを増やす効果のある精力剤を飲んでも髪の毛が抜けやすくなるわけではありません

 

そのため髪の毛の悩みを抱えている人でも安心して摂取することができるでしょう。ちなみに、生活習慣を改善することで精力アップの効果も出やすくなります。

 

生活習慣の改善はさまざまなポイントがありますが、アルコールは肝臓で分解されるものですし、バリテインも肝臓に負担をかけるとされています。そのため精力アップを考えているならできるだけアルコールは控えた方が良いでしょう。

 

飲酒を減らすことで体にかかる負担を減らすことができますし、効率よく精力アップを目指せるようになるのです。バリテインを摂取することで男性ホルモンが多くなるため、精子がよりたくさん作られるようになります。

 

体内にある亜鉛が精子増産に働くようになると薄毛になってしまうことがあるかもしれません。そこで髪の毛の状態が気になるという場合、育毛剤を使ってみるのも良いでしょう。

 

副作用がないバリテインの効果は?