MENU

女性は30代過ぎから性欲が高まるって本当?仕組みを解説

女性,性欲,年齢,仕組み

女性ホルモンは年齢とともに低くるなるという矛盾

女性は30過ぎてから本当の性人生が始まる、というのを聞いたことはないでしょうか。一方、男性は10代後半をピークに30代からは徐々に収まってくるというのが定説です。実際に性欲をつかさどる性ステロイドホルモンは20代をピークに年齢とともに徐々に少なくなっていきます。

 

それではなぜ女性は男性と同じ性欲の波を描かないのでしょうか。男性の欲求は分かりやすく、目に見えて性衝動に駆られているか否かが分かります。性的な興奮を覚えると勃起する、これは自然な状態で身体が成長したという証。

 

10代後半ではまだこの性欲のコントロールがうまくいかず、年がら年中女性のことを考えてしまうという若者も多いはずです。しかし、女性は性の成熟は生理という形で現れますが、それはあくまでも妊娠が可能になるということでイコール性欲求にはつながらない場合が多く、男性に好意を寄せる感情も性欲とは無縁のものと考えた方がしっくりきます。

 

また、生殖器が見えにくいというのも男女で性に対してオープンかどうかを分ける要素になっています。女性の中には自分の性器を見たことがないという人が多くいます。性に関して男性はより直接的で、女性は嫌悪感にも似た抑制的な感情が働くというのも大きな違いです。

 

性行為は恥ずかしいもの、汚いもの、という考えが少女時代には起こりやすく、性教育が遅れているというのも原因ではないかと言われています。物理的にアダルトビデオや雑誌を目にすることができる男性に比べて、女性にとって未知のものであるという恐れが少なからずあり、結婚するまでは貞操を守るものだと漠然と信じている少女もいるはずです。

 

若い頃は特に夢見がちですので「王子様が表れて子供が生まれる」その間には何が行われているかなど耳を塞いでしまいたい、または考えも及ばないのが少女なのです。女性も20代になると夢ばかりは見ていられません。現実を知り、結婚や出産を考える年齢として扱われるようになります。

 

すると、性行為は子供を作るための行為であり、性欲云々ではなくなってしまう場合も多くあります。恋人がいる場合も男性からの要求にこたえているだけ、という女性は男性が思っている以上に多く存在します。

 

自分からは誘いにくい、という女性も中にはいるかもしれませんが、それはそのまま誘われなかったらしなくてもいい、という程度の欲求であるということになってしまいます。

 

男性のように突き動かされる性欲というのをまだ女性は知らないままに大人いなっていることが多く、そのまま結婚や出産を迎えていることも珍しくありません。

 

女性にとって性行為はそのまま妊娠という一大事につながりますので、避妊をしていたとしても頭の片隅では常に「妊娠してしまったらどうしよう」「こどもが出来たら結婚しなければ」といった感情が渦巻いています。結婚したらしたで「今度こそ妊娠したい」「また妊娠しなかったらどうしよう」などと思いを巡らせます。

 

いざ妊娠をして出産をすると、今度は性行為そのものが煩わしくなります。眠りたいのに子育てで眠れないストレスに、夫の要求にこたえるなどもってのほか、と夫を避ける女性も多くいます。ここでも所詮性行為は夫の要求でしかなく、お互いが楽しむ営みであることは無視されてしまいます。

 

若いうちは同じ子孫を残すという性行為も女性にとってはより深刻で厳しいものであると言えます。楽しむところまでいかなかった性行為を受け入れて、今まで抑制してきた性を開放するきっかけになるのはやはり年齢を重ねるということです。経験や知識が徐々につながることで心の底から男性を信頼し、自分の欲求に素直になることができる時期が来るのです。

 

 

心の開放が性の解放につながっています

男性にとって性行為は気持ちのいいものです。10代であってもそこに引け目を感じることはありませんし、その衝動に逆らうこともしませんので、ある意味素直に性欲というものと付き合ってきたのが男性です。

 

しかし、最初から気持ちいいと思う女性は数パーセントに過ぎませんし、嫌悪感が先に立ち、行為そのものを良しとしていない人の中には性欲を感じること自体を恥ずかしく、長くその気持ちに気が付かないふりをして封印してしまったということもあるかもしれません。

 

さらにオーガズムに達するに至っては経験がないということも珍しくありません。しかし、オーガズムを始めて感じるという女性の年齢は30代や40代でも多く、ここでも男性と大きく違う現象となっています。

 

女性にとって気持ちいいというのは身体よりも気持ちの解放が大事で、心から信頼してリラックスできた相手である必要があり、相手次第で気持ちのよさも大きく変動するのが特徴です。

 

身体で性行為をする男性と違い、頭と心がとても大きな影響を与えるのです。そのためシチュエーションやムードを大切にするとより深く愛情を感じることができ、オーガズムにも達しやすくなります。

 

30代以降はある程度経験もあり、避妊や出産の知識もあるので若いころとは違った側面から性行為そのものをとらえることができるようになってきます。年齢が高まれば「恥ずかしい」や「分からない」がかわいいとは言えなくなってきます。

 

自分から積極的に迫ったとしても誰も文句は言いませんし、それが恥ずかしいものではないということを認識できています。意識の改革が性欲に対してオープンに働き、もっと楽しみたい、もっと気持ちよくなりたいという欲求につながってきます。

 

30代を過ぎると心にも余裕ができ、色々なツールや情報も自分で集めることが可能になってきます。さらに出産を経験すると性の感度が高まったと感じることもあるようで、子供ができてから始めて女性の喜びを味わったという話もよく聞きます。

 

男性にとっては衰えつつある自分の性欲に残念な気持ちになる場面でも、妻の方がより積極的になって驚いてしまうこともあるかもしれません。男性は大きな性衝動が若いころに起きる代わりに衰退するのも早く、性行為そのものもリミットがあります。

 

その点、性に対して奥手だった少女は徐々に性欲を高め、30代でピークに、その後閉経を迎えてもう一度第二のピークが来ると言われています。閉経を迎えると妊娠の可能性はなくなりますので、よりオープンに楽しむことができるようです。またそのころには子供も手を離れ、自分の時間を久しぶりに自分のためだけに使うことができるという余裕が出てきます。

 

仕事や家事、子育て、といったことから解放されることも大きなターニングポイントになります。そして、性欲といっても男性のように挿入と射精だけが目的にはならない女性は、ボディタッチや優しい言葉、キスや気持ちのふれあいだけでも性欲が高まり満足することができるので、より長く性的行動が可能であると言えます。

 

若い男性に年上女房というのもあながち性的な側面から見れば理にかなっていると言えなくもないのではないでしょうか。女性の性行動は気持ちと密接に関係していて、これが男性とはまた違った仕組みとして理解しなければいけない部分です。

 

身体の成長や成熟度だけでなく社会全体の性に対するクローズ感や教育などによって本来持つ性欲を抑制してきてしまったといえるので、男性のアプローチ次第では上手に開放してあげることも可能です。

 

ポイントは信頼関係とリラックスですので、お互いの気分を盛り上げながら素敵な時間を過ごすようにしましょう。

 

女性に期待に応える精力剤バリテインの効果